旬な物を食べて四季を知る

旬な物を食べて四季を知る

和食、日本料理は、その季節ごとの旬なものを食べて英気を養うということがあります。季節感を味わうことはお料理を楽しむ上で大事で、そうした日本の考え方から影響を受けている他国料理は多いのです。

 

 

まずは見た目で季節感を味わい、そして旬の物を取ることで体を健康にする、寒い時は体を温めるもの、そして暑いときは体をクールダウンするもの、また暑くて食欲が減退しているようなときはすっとはいっていってもたれない、食べやすいものなど、和食には色々な工夫が凝らされています。ときには食べるのが勿体ない程キレイに盛りつけられていますので、それだけでも和食の素晴らしさ、日本の春夏秋冬を感じることができる、一つの芸術なのでしょう。仲間とまた彼氏彼女と、その季節の楽しみを堪能してみませんか。

 

 

そしてまた旬のものを食べると、その食材の一番美味しい味を知ることになり、加工一切なしの本物の味を知ることになります。ありふれたものでも旬ものは美味しく、味わい深いのです。